【サーフィン】エロ動画

banner

ジェットスキー&サーフィン

CL066_L

皆さんの中には、海が大好きという方も多いと思います。もちろん海が好きで海の近くにわざわざ引っ越しをした方や海の近くに別荘を買ったという方も多いでしょう。海の近くには住んではいないけれど、毎年海には行くという方は多いと思います。

アダルト動画の様に浜辺でSEXしたいからという理由やビキニ姿のギャルを見に行くために海に行くという方もいると思いますが、海に行く多くの理由として、海で出来るマリンスポーツを趣味として持っているからだと思います。

海での趣味は人気があり多くの人がマリンスポーツを趣味としている事でしょう。もちろんマリンスポーツの代表は、サーフィンだと思いますが、サーフィンはなかなか難しいと思う人もいるでしょう。サーフィンの他に今人気がある趣味がジェットスキーではないでしょうか。

もしくはジェットスキーをした事がないけれど、興味を持っている方は沢山いると思います。週末になればジェットスキーをけん引している車も多いと思います。街でバイクを走らせる事も爽快だと思いますが、海は広くて信号もなく、歩行者もおりません。

もちろん周りで遊んでいる方への考慮は必要ですが、地上で走るバイクよりも自由に走れる事でしょう。バイクとジェットスキーを比較するモノではありませんが、広大な海を自由に走ることが出来るジェットスキーは他の何にも例えることが出来ない爽快さがあると思います。

もちろん彼女や奥さんを後ろに乗せて走らせる事が出来るジェットスキーもあります。ジェットスキーにも免許は必要ですが、バイクよりも安価で素早く免許を取ることが出来ます。夏を特別な物にしたいのであれば、ジェットスキーを始める事をお勧めします。

おすすめ
えろぽーんエロ動画 無料エロ動画まとめ

人のテリトリーとお気に入りのエロ動画はとても大事

皆さんは、普段人と接する時に相手との距離を考えている事があるでしょうか。自分の好きな人であれば、より近寄りたいと思う事や、男性であればアダルト動画の様に裸同士で抱き合いたいと思う人もいるでしょう。逆に自分の嫌いな人であれば、あまり近寄りたくないと思う人も多いのではないでしょうか。人には誰しもが自分のテリトリーを持っています。
心理的空間ともいうかもしれません。よく例に出されるのが公共の場で満員電車の中でしょう。
見ず知らずの他人と密着した状態は、イライラや緊張や不快感がかなりあるのではないでしょうか。

人が持っているテリトリーは、人それぞれ大きさは違いますが、男女でも同じではなりません。男性は前と後ろに長い楕円形の方が多く、女性は円形の様です。男性の皆さんは、普段街で人が後ろにいれば、不快な思いをするのではないでしょうか。例えばラーメン屋で自分が席で食べている所に後ろで人が待っていたりすれば、不快な思いをするのでは二でしょうか。又、性格でも大きさは違ってきます。明るく社交的な人であれば、テリトリーは小さくなっており、人見知りの人のテリトリーは大きくなっております。

男性でも女性でもこの人のテリトリーを考えた上で、人と付き合えばお互いが不快な思いをする事なく、より良い関係を築けるのではないでしょうか。

Copyright(c) 2013 【サーフィン】エロ動画 All Rights Reserved.